コンテンツにスキップする

イラン、ウラン濃縮度引き上げ発表-核合意に定められた上限超え

イランは、2015年の核合意に定められた上限を超える濃縮度のウラン精製を再開する。合意を巡る欧州の取り組みは十分でないとの立場を示している。

  イランは先週、低濃縮ウラン貯蔵量が核合意の上限を超過。同国政府報道官は7日、核合意で認められた3.67%を超えた濃縮度のウラン精製を再開するとテヘランで語った。

  核合意を離脱した米国が制裁を再開する中で、イランは欧州諸国に対し経済支援の提示を求めており、この日がその期限だった。欧州首脳らは、イランに対し直ちにペナルティーを科す意向は示していないものの、イランが合意破りを続ければ、トランプ政権からの圧力に抵抗するのは一段と難しくなる。

関連記事:イランとフランス、核合意巡り対話再開の条件を探ることで合意

原題:Iran Has Breached Uranium Enrichment Limit Set Under 2015 Pact(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE