コンテンツにスキップする

ドイツ銀、事業再編計画発表へ-人員削減やバッドバンク構想

  • 人員削減の規模を巡る最新の予想は全体で1万8000-2万人
  • 最大800億ユーロのリスク加重資産が「バッドバンク」のベースに

ドイツ銀行の抜本的な事業再編の中見が関係者の話などで徐々に具体的になりつつある。

  組織再編の一環として、複数の上級幹部が去る見通しで、その中にはフィクストインカム世界責任者を務めるジョン・ピピリス氏と米州のフィクストインカム責任者ジェームズ・デービス氏が含まれる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。営業時間外で両氏からコメントを得ることはできなかった。

  ドイツ銀は既に、投資銀行部門を率いるガース・リッチー氏が退社することを明らかにしているが、関係者によるとさらに2人の取締役会メンバー、リテール・商業銀行部門責任者フランク・シュトラウス氏とシルビー・マテラット最高規制責任者(CRO)の退職も、早ければ7日に発表される可能性がある。ドイツ銀の担当者はコメントを控えた。

Deutsche Bank AG Chief Executive Officer Christian Sewing Attends Annual General Meeting As Lender Announces 7,000 Job Cuts

ガース・リッチー氏

写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg

  また事情に詳しい1人の関係者は「バッドバンク」構想について、約750億ユーロ(約9兆1300億円)、恐らく最大800億ユーロのリスク加重資産がベースになると語った。 

Deutsche Bank AG Annual General Meeting

クリスティアン・ゼービングCEO

写真家:Alex Kraus / Bloomberg

  クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は7日に少なくともここ10年で最大規模となる再編計画を発表する予定で、投資銀行部門の大幅な縮小に加え、部門再編や取締役会の刷新が含まれる見通しだ。

  人員削減の規模を巡る予想は、現時点では全体で1万8000-2万人と、従来の1万5000-2万人からレンジが狭まってきている。

Fresh Faces

This is how Sewing plans to reorganize the bank's divisions and their leadership

Source: Anonymous sources

Note: The bank hasn't confirmed any of these changes except Ritchie's departure; the plan hasn't been officially adopted and the set-up may yet change

原題:Deutsche Bank Culls Top Leadership, Plans New Bad Bank Arm (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE