コンテンツにスキップする

米カリフォルニア南部でマグニチュード7.1の地震-20年ぶりの強さ

  • ロサンゼルス空港で運航の遅れはない-負傷者の報告もない
  • 4日午前にはサールズバレーの近くでマグニチュード6.4の地震

米カリフォルニア州南部は5日、マグニチュード7.1の地震に見舞われた。同州ではここ20年で最も強い地震となり、ロサンゼルスでも建物の中で揺れを感じた。
  
  米地質調査所(USGS)によれば、現地時間午後8時19分(日本時間6日午後0時19分)ごろにリッジクレストの北北東17キロメートルの地点を震源とする地震が発生。震源地はロサンゼルスから100マイル(約161キロ)以上離れた比較的人口の少ない地域で、余震が続いている。

  米独立記念日の祝日だった4日の午前にはサールズバレーの近くで、マグニチュード6.4の地震が発生していた。

  ロサンゼルス空港は、負傷者の報告はなく、運航に遅れは出ていないとツイート。ロサンゼルス警察も大きな損傷の報告はなく、電話での相談は「小さな問題」に限定されているとしている。

原題:California Hit by Strongest Quake in 20 Years; Tremors in LA (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE