コンテンツにスキップする

【NY外為】ユーロ下落、ドル上昇-雇用統計は強弱入り交じる内容

5日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。週間ベースでは対ドルで約1年ぶりの大幅安となった。ドルは上昇。6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を上回る一方で、平均時給は予想に届かず、強弱入り交じった内容だった。今月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で0.5ポイントの利下げがあるとの市場の観測は後退した。

  • ニューヨーク時間午後4時45分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇。一時、100日移動平均線と200日移動平均線をともに上回った。アルゴリズムと投機的な取引がショートカバーを迫られた
    • ドル指数は、前回FOMC会合の結果が発表された6月19日以来の高水準。同会合は利下げへの道を開いたとみられている。米10年債利回りは2%台に上昇した
    • ドルはこの日、主要10通貨全てに対して上昇
    • ドル指数は週間では0.7%高と、5月以来の大幅上昇
  • 市場はなお7月のFOMC会合での0.25ポイント利下げを完全に織り込んでいるが、0.5ポイント利下げの可能性は後退
  • 米金融当局は議会に提出する半期に一度の金融政策報告書で、必要に応じて利下げする用意があることをあらためて示した。パウエル連邦制度理事会(FRB)議長は来週10日に下院金融委員会で、翌11日に上院銀行委員会で半年に一度の議会証言に臨む
  • 米10年債利回りは9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、2.04%。週間では3bp上昇で、9週間ぶりに上げた
  • ドルは対円で0.6%高の1ドル=108円49銭。週間ベースでも0.6%上昇
  • ユーロは対ドルで0.5%安の1ユーロ=1.1227ドル。一時は0.7%下げ、6月19日以来の安値をつけた
    • ドイツの5月の製造業受注指数は前月比2.2%低下。エコノミスト予想中央値は0.2%低下だった

欧州時間の取引

  ドルが主要10通貨全てに対して上昇。米雇用統計の発表を控え、ポジションのリバランスを進める動きが見られた。

原題:Euro Sinks as U.S. Jobs Data Trigger Fed Repricing: Inside G-10(抜粋)Dollar Bears Take Caution as Key Payrolls Data Eyed: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE