コンテンツにスキップする

中国版ナスダック「科創板」が22日に取引開始へ、まずは25銘柄

サイエンス、テクノロジー企業の新規株式公開(IPO)の上場先として待望されていた中国の新市場「科創板」が今月取引を開始する。習近平国家主席の計画発表から1年未満で実現にこぎ着けた。

  上海証券取引所が5日発表したところによると、取引初日は7月22日となる。第1弾は25銘柄。

  いわゆる中国版ナスダックの科創板は、次のアリババ・グループ・ホールディングや小米集団となるような企業をニューヨークや香港に上場させないためにも重要な鍵を握るとみられている。

  公式データによると、100社超が科創板にIPOを申請した。

原題:China’s Nasdaq-Style Stock Trading Venue to Start July 22(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE