コンテンツにスキップする

米雇用者数、予想上回る22.4万人増-利下げの論拠弱まる公算も

更新日時

6月の米雇用統計では雇用者数の伸びが加速し、全てのエコノミスト予想を上回った。労働市場の力強さが示唆され、金融当局に対する利下げ圧力は和らぐ可能性がある。

キーポイント

  • 6月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比22万4000人増
    • エコノミスト予想全てを上回る-予想中央値は16万人増
    • 5月は7万2000人増に下方修正-速報値7万5000人増
  • 家計調査に基づく6月の失業率は3.7%に上昇-前月3.6%
  • 平均時給は前年同月比3.1%増-伸びは予想(3.2%)を若干下回る
    • 前月比では0.2%増(予想0.3%増)-前月は0.3%増に上方修正
U.S. economy added 224,000 workers in June as jobless rate rose to 3.7%

インサイト

  • 6月の雇用の伸びは労働市場が引き続き堅調なことを示唆。貿易摩擦や目標を下回るインフレは続いているものの、金融当局に対する利下げ、特に0.5ポイント引き下げを要求する正当性は弱まる可能性がある。雇用統計の発表後、市場が織り込む利下げ確率は低下した
  • 4、5月分合わせて1万1000人下方修正されたされたものの、3カ月平均は17万1000人増と、3月以来の高水準
  • ドイツ銀行のチーフエコノミスト、トルステン・スロック氏:
    • 「全体的に極めて力強い内容だ」
    • 「金融当局が保険としての利下げ実施を考えているとすれば、何に対する保険だろうか」
  • ムーディーズ・アナリティクスの金融政策調査責任者ライアン・スイート氏:
    • 「0.25ポイントの利下げはなお選択肢として残る」が、今回の統計で0.5ポイント引き下げの可能性はなくなった
    • 「利下げを巡る議論がより活発になるだろう。労働市場が当初予想より急激に減速しているとの当局の懸念は、雇用統計を受けて和らぐが、減速トレンドに変わりはない」

詳細

  • 製造業の雇用者数は1万7000人増と、1月以来の大幅な伸び。建設業は2万1000人増えた。一方小売りは引き続き低調で、5カ月連続でのマイナスとなった
  • 労働参加率は62.9%と、前月(62.8%)からやや上昇
  • 週平均労働時間は34.4時間で前月と変わらず
  • 「U6」と呼ばれる不完全雇用率は7.2%に上昇(前月7.1%)
    • U6にはフルタイムでの雇用を望みながらもパートタイムの職に就いている労働者や、仕事に就きたいとは考えているものの積極的に職探しをしていない人が含まれる
  • 政府部門の雇用者数は3万3000人増と、ほぼ1年ぶりの大きな伸び
  • 民間部門は19万1000人増(前月8万3000人増)
    • 3日発表のADP民間雇用統計では6月は10万2000人増だった

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Jobs Rise Above-Forecast 224,000, Diluting Fed-Cut Case (2)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE