コンテンツにスキップする

中国業界団体、政府に鉄鉱石市場の調査要請-先物価格は急落

  • シンガポール取引所で一時6.2%安-中国の大連市場でも6%安
  • 鉄鉱石価格が「適正な水準」に戻るよう望む-中国鋼鉄工業協会

中国鋼鉄工業協会(CISA)は5日、鉄鉱石価格の高騰を受け政府に世界的な市場の秩序を維持するよう要請したことを明らかにした。これを契機に同日の鉄鉱石先物価格は急落している。

  同協会の屈秀麗副会長は上海での会議で、協会として「業界内の関連問題を政府の省庁や規制当局に報告しており、鉄鉱石市場の秩序を維持するため、より強力な調査と監督を求めた」と述べた。鉄鉱石価格が「適正な水準」に戻ることを望んでいるとも語った。

Industry group says iron ore rally won't last, urges probe

  鉄鉱石価格は今年に入り1トン=120ドルを突破。鉄鉱石輸出で世界一のオーストラリアが今月、同国産の鉄鋼石年間輸出が18年ぶりに減少するとの見通しを示し、鉄鉱石の値上がりが進んでいた。

  5日のシンガポール取引所で、鉄鉱石価格は一時6.2%下げ、107.20ドルとなった。1日は終値ベースで5年ぶりの高値だった。中国の大連商品取引所でも5日の鉄鋼石先物価格は一時6%値下がりした。

原題:Iron Ore Sinks as Top China Steel Group Urges Probe After Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE