コンテンツにスキップする

デモ隊の主張は何か-香港立法会に残されたメッセージ、写真で読む

  • 香港と中国の一体化が進むことに強い反対を示すデモ参加者
  • 英統治時代末期の立法会議長の肖像写真、破壊免れたのは興味深い

香港では英国から中国への返還22年となった今月1日、数十万人が抗議活動に平和的に参加したが、夜になって一部のデモ隊が立法会(議会)を占拠し、警官隊と衝突する事態となった。

  催涙ガスなどを使った警官隊によりデモ隊は排除されたが、立法会の壁や柱に香港と中国の一体化が進むことに反対するデモ参加者のメッセージが中国語や英語で書き残されていた。

  中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する抗議活動が広範な支持を得て改正案は審議停止となったが、香港の混乱は続いており、社会・政治的分断が深まりつつある。

Legco Chamber

写真家:Justin Chin / Bloomberg

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官ら香港政府幹部の写真の後ろに「暴徒はいない。あるのは暴政のみ」との主張が掲げられた。

"Useless" marches

写真家:Justin Chin / Bloomberg

柱には「平和的な行進は無益だと私に教えたのはあなただ」と書かれている。

"Not my government"

写真家:Justin Chin / Bloomberg

「この殺人政権は私の政府ではない」と壁に大きく書かれた。

HK is not China

写真家:Paul Yeung / Bloomberg

「香港は中国ではない」との走り書きが柱に見える。

CCP

写真家:Justin Chin / Bloomberg

議員席の後ろの壁に書かれた文言は「天が中国共産党を破壊するだろう」。

Uighur Muslims

写真家:Justin Chin / Bloomberg

「中国はウイグル族のイスラム教徒に対する犯罪の償いをすることになる」と書かれている。

Portraits

写真家:Justin Chin / Bloomberg

歴代立法会議長のうち何人かの肖像写真が壁から外され破壊された。英国統治時代末期の議長の写真が破壊を免れているのは興味深い。

Face the People

写真家:Justin Chin / Bloomberg

香港の高層ビルを臨む窓ガラスに書かれているのは「人民を正視せよ」という言葉だ。

関連記事:
香港の自由保障する約束、守られなければ「深刻な結果」に-英外相
岐路に立つ香港、抗議続けば一体化加速と中国政府がメッセージ
香港の緊張続く、デモ隊の破壊行為や強制排除から一夜明け

原題:The Anti-China Graffiti in Hong Kong’s Legislature: In Pictures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE