コンテンツにスキップする
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

「私はゴールドが大好き」金は常に保有すべき-投資家のモビアス氏

  • 1オンス=1500ドル突破を予想-金利低下や地政学的不透明感で
  • 中銀の買い入れも追い風、仮想通貨の回復が金需要に波及も
A mark of 999.9 fine sits on hallmarked 12.5 kilogram gold bullion bars stacked at the Valcambi SA precious metal refinery in Balerna, Switzerland, on Tuesday, April 24, 2018. Gold's haven qualities have come back in focus this year as President Donald Trump’s administration picks a series of trade fights with friends and foes, and investors fret about equity market wobbles that started on Wall Street and echoed around the world.
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

ベテラン投資家のマーク・モビアス氏は金相場がさらに上昇し、1オンス=1500ドルを突破するとの見方を示した。金利の低下傾向や中銀による買い入れ継続、地政学的な不透明感、仮想通貨投資家の需要を理由に挙げた。

  約30年間勤務したフランクリン・テンプルトンを去り、モビアス・キャピタル・パートナーズを昨年設立したモビアス氏は、シンガポールでのインタビューで、「私は金(ゴールド)が大好きだ」と述べ、金がポートフォリオの一部を常に構成すべきであり、10%以上保有すべきだと主張した。

Mark Mobius Says Emerging-Market Index to Fall If Trade War Persists

マーク・モビアス氏

写真家:Simon Dawson / Bloomberg

  金は今年に入って上昇し、6年ぶりの高水準にある。投資家は経済成長鈍化や欧米の金融緩和観測、貿易摩擦悪化を材料視している。ロシアと中国当局などによる金の買い入れ強化も追い風だ。仮想通貨の回復が金投資家からの需要に波及する可能性にもモビアス氏は言及した。

  同氏は「欧州では特に今は非常に低い水準に金利が向かいつつある。マイナス金利の下でユーロを保有することにどのような意味があるのか。はるかに良い通貨である金に資金をつぎ込む方がましだろう」と語った。

 4日の金スポット価格は1オンス=1413.50ドル。6月25日には1439.21ドルと、2013年以来の高値を付けた。年初来では10%上昇している。1500ドルを超えれば13年4月以来となる。

原題:‘I Love Gold’: Mobius Praises Bullion as Interest Rates Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE