コンテンツにスキップする

トランプ大統領、独立記念日に異例の祝賀演説-軍事力も誇示

  • トランプ氏は演説で米軍や米国の歴史をたたえる
  • 政治的メッセージ控え、団結促すテーマを取り上げ
Crowds are massed around the Reflecting Pool as US President Donald Trump speaks.
Crowds are massed around the Reflecting Pool as US President Donald Trump speaks. Photographer: ANDREW CABALLERO-REYNOLDS/Getty Images
Crowds are massed around the Reflecting Pool as US President Donald Trump speaks.
Photographer: ANDREW CABALLERO-REYNOLDS/Getty Images

トランプ米大統領は4日、独立記念日の祝賀演説をリンカーン記念堂で行い米軍や国民を称賛、祝賀イベントの主役を務めた。

  トランプ大統領は記念堂の壇上から、「われわれは米国の歴史と国民、そして米国旗を誇り高く守る英雄である米軍の勇敢な男女をたたえる」と発言。「われわれはこれまで語られてきた最も偉大な物語の一つである米国の物語の一部だ」と語った。

US-POLITICS-HOLIDAY-INDEPENDENCE

リンカーン記念堂で独立記念日の祝賀演説をするトランプ大統領(4日)

写真家:ゲッティイメージズによるマンデルンガン/ AFP

  大統領はその上で、建国や西部の開拓、婦人参政権、市民権運動など米国の歴史の重要な出来事に言及した。

  トランプ大統領は今回の演説を「米国への敬意」と呼び、過度に政治的なテーマを回避した。祝賀イベントには戦車の展示のほか、戦闘機や大統領専用機「エアフォースワン」の儀礼飛行も行われた。

  数千人の観客が首都ワシントンの緑地帯ナショナルモールに押し寄せ、通常は政治色がない祝賀行事は選挙集会の様相を呈した。観客の中にはトランプ大統領をあしらったTシャツや帽子を身に付けた人たちも見掛けられ、トランプ陣営の商品も売られていた。

  トランプ大統領は国民的祝賀行事を一変させた。大統領がナショナルモールで演説し、軍事力を誇示するのは異例。

US-POLITICS-HOLIDAY-INDEPENDENCE

リンカーン記念堂の上空でアクロバット飛行をする米海軍の「ブルーエンジェルス」

写真家:Brendan Smialowski / AFP via Getty Images

  トランプ大統領は約45分の演説で、米国の歴史上の著名な発明家にも触れ、文化の革新や医学の進歩を強調。そして現在の米国はかつてなく力強くなったと発言。聴衆の間から「USA!USA!」という歓声が巻き起こる中、大統領は「いつの日か、われわれは火星に星条旗を立てるだろう」と語った。

  トランプ大統領はこの日は政敵批判は行わず、米国の団結を促すテーマを取り上げ、「われわれ全員は同じ全能の神によってつくられた」と述べた。

US-POLITICS-HOLIDAY-INDEPENDENCE

トランプ大統領の演説に集まる市民たち

写真家:Andrew Caballero-Reynolds / AFP経由でGetty Images

原題:Trump Remakes July 4th With Speech, Fireworks, Military Display(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE