コンテンツにスキップする

米国債とイタリア債購入、主要中銀の利下げ予想-JPモルガン・A

  • 10年物米国債利回り、年末までに恐らく1.75%まで下がるだろう
  • ECBのQE再開、特にイタリア債に大きな恩恵もたらすだろう

JPモルガン・アセット・マネジメントは、米国債とイタリア債を購入している。インフレ低下と貿易戦争の緊張が主要中央銀行の利下げを促すとみている。

  同社は米金融当局が年末にかけて合計0.75ポイントの利下げを実施すると見込み、5年物と10年物の米国債を買っている。また、欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)を再開するとの見通しで、期間短めのイタリア債を購入している。

  世界金利責任者のシーマス・マクゴリーン氏は、「インフレ状況がハト派的な環境を生んでいるが、貿易戦争は利下げをはるかに差し迫ったものにする。貿易戦争がこれ以上エスカレートしなくても、中銀が利下げをするだろう」と話した。

Bond yields have sunk this year as global growth slows

  同氏は10年物米国債利回りが年末までに恐らく1.75%まで下がるだろうとし、米金融当局は今月を皮切りに一連の利下げをすると予想した。「われわれが自問しているのは、米当局がこの緩和サイクルの中でゼロ金利に戻るかということだ。まだ分からないと思う。景気動向次第だ」と述べた。

  また、JPモルガンは5年物を含む期間が短めのイタリア債を有望視。ECBの債券購入再開で値上がりするとみている。「QEは数カ月内に再開され、特にイタリア債に大きな恩恵をもたらすだろう。再開のタイミングとして最もありそうなのは9月だ」とマクゴリーン氏は話した。

原題:JPMorgan Asset Buys Treasuries, Italian Bonds as Inflation Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE