コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米株価指数先物と欧州株が小幅上昇-米雇用統計の発表を控え

  • ブラジル株は最高値、レアルも上昇-金相場と米原油先物は下落
  • 米独立記念日と米雇用統計待ちで各市場は薄商い
A businessman is reflected on an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo, Japan, on Monday, Jan. 27, 2014. Japanese stocks fell, with the Topix index capping its biggest decline since August, after the yen climbed to a seven-week high and U.S. equities tumbled on concern that the global economy's recovery will falter.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米株価指数先物と欧州株は4日、小幅上昇した。米国が独立記念日の祝日のため薄商いだった。ブラジルの年金改革法案が議会委員会を通過したことを受け、同国株は大幅に上げ、レアルも上昇した。金相場は若干下げたが1オンス=1400ドル台を維持した。ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物は下落。

  ストックス欧州600指数は上昇して終了。不動産株や銀行株が上げをけん引した。日本と韓国を中心に4日のアジア株が上げたことを受け、S&P500種株価指数先物も小幅高となった。米独立記念日に加え、市場は5日の米雇用統計待ちの状況になっているため、出来高は平均を大きく下回った。

  トロント・ドミニオン銀行の通貨戦略の欧州責任者、ネッド・ランペルティン氏(ロンドン在勤)は、「5日のデータは、米金融当局の今月の行動の見込みを調整するという意味で重要だ」と指摘。「これは全く新しい予想を立てるというよりは市場の現在のバイアスを確認するというものだ」と説明した。

  ブラジルのボベスパ指数は1.6%高で終了し、最高値を更新した。

Ibovespa in USD

原題:U.S. Futures, Europe Stocks Gain Before Jobs Data: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE