コンテンツにスキップする

ドイツ銀再編、2万人削減や経営刷新の詳細確定へ-週末に監査役会

  • 不要な資産の受け皿となる新部門の創設も検討事項となる
  • 投資銀責任者やCRO、CFOも入れ替えの対象となる可能性

ドイツ銀行のクリスティアン・ ゼービング最高経営責任者(CEO)は、今後の同行の姿を変えることになりかねない抜本的な経営再建計画の最後の仕上げに入った。最初の取り組みが所期の目標を達成できず、コメルツ銀行との合併交渉も不調に終わったことを受け、同CEOはグローバル規模で業務の徹底的な縮小と再編を目指している。

  ドイツ銀は今週末開く監査役会で、最新のリストラ(再編)策の詳細を最終決定する予定。大規模な人員削減は投資銀行が中心になる可能性が最も高く、新たな経営陣の入れ替えや不要な資産の受け皿となる新部門の創設も検討事項だ。

   ゼービングCEOは就任直後から着手した経営上層部の刷新に引き続き動いており、投資銀行責任者のガース・リッチー氏やシルビー・マテラット最高規制責任者(CRO)、ジェームズ・フォンモルトケ最高財務責任者(CFO)に狙いを定めているとされる。CEOは問題を抱える投資部門を直接統括し、1人か2人の部下を指名する公算が大きい。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、見出しで伝えられる人員削減の数字は約2万人になると予想される。これは全行員の5分の1を上回る規模であり、10年で最大の合理化となる。米国の株式業務の大幅縮小が伝えられる中で、投資銀行でどれほど多くの職がどれほど速いペースで削減され、どこで最も減らされるかは、まだ分からない。同部門は1-3月(第1四半期)末時点で1万8200人のフロントオフィススタッフを抱えている。

Christian Sewing

クリスティアン・ ゼービングCEO

撮影:Alex Kraus / Bloomberg

Deutsche Bank AG Annual General Meeting

ガース・リッチー氏

撮影:Alex Kraus / Bloomberg

原題:Deutsche Bank’s Overhaul and the Questions Investors Are Asking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE