コンテンツにスキップする

ゾンビETFの清算が急増、供給過剰と競争激化で生き残れず

  • 1-6月には過去最高となる58本のETFが清算された
  • 清算に追い込まれたファンドには高い管理手数料という共通項がある

供給過剰の上場投資信託(ETF)市場で勝ち組となることはますます難しくなっている。

  ブルームバーグのデータによれば、1-6月には過去最高となる58本のETFが清算され、ETF市場にとって最悪の上半期となった。インベスコやウィズダムツリー・インベストメンツが複数のETFを清算し、1-6月としてこれまで最大だった44本を上回った。

  清算に追い込まれたファンドには高い管理手数料という共通項がある。

  

Closed for Business

A record number of funds shuttered in the first half of 2019

Source: Bloomberg

*Data for first half of each year

  取引や新規投資がほとんどないいわゆるゾンビETFが、競争激化の中で打撃を受けている。2000本を超えるファンドから選択できるETF市場で、投資家を引き付けるための手数料競争は激しさを増すばかりだ。これにより利益率が下がり、成長の遅い商品の生き残りが難しくなり清算に歯止めがかからない。

  ウォーラックベス・キャピタルのETFディレクター、モヒット・バジャジ氏は、「手数料引き下げが当たり前のことになるにつれて、自然減が進むだろう」と述べた。

  ブルームバーグ・インテリジェンスによると、 ブラックロックの6本を含む12本のETFが既に、年内に清算されることになっている。

原題:Zombie ETFs Liquidated at Record Pace as Fee War Starts to Sting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE