コンテンツにスキップする

米連邦準備制度に告ぐ、低インフレは一過性にあらずと債券市場

  • 調査に基づくインフレ期待の指標も今年は低下
  • 指標は連邦準備制度の積極的な行動のリスク示唆-JPモルガン

米連邦準備制度がインフレ率の自律的回復を期待しているにもかかわらず、債券市場は当局の介入を求めて大声で叫んでいるかのようだ。

  5月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.8%上昇だった。CPI上昇率は2018年のピーク(2.9%)から大きく後退していたが、市場の見通しはさらに厳しい。

  30年物米国債の利回りは今月3日に2.50%を下回ったが、同年限のインフレ連動債の相場は低迷。その結果、2つの債券の利回り格差は一時1.7ポイントと、16年9月以来の小ささとなった。スプレッドはこれら債券の償還期限までの平均CPI上昇率見通しを示す。

  

The average CPI rate over 30 years implied by TIPS yields

  米連邦準備制度は歴史的に、市場ベースのインフレ期待をうのみにはしてこなかった。インフレ連動債の相対的な流動性の低さや供給量によるゆがみがあると考えているためだ。

  しかし、調査に基づくインフレ期待の指標も今年は低下している。 今後5-10年のインフレ期待を示すミシガン大学の指標も調査開始後で最も低い2.2%を5月に記録した。

  低失業率や株式相場の好調にもかかわらず、インフレ期待の低下は利下げ圧力となる。JPモルガン・チェースの金利ストラテジスト、ジェイ・バリー、アレックス・ローバー両氏は1日のリポートで、インフレ期待を示すブレークイーブンレートはさまざまな期間で「ここ2年の最低水準に近く、連邦準備制度による一段と積極的な行動のリスクを示唆している」と記した。

Euro-zone expected inflation is also under pressure

原題:Bonds to Fed: There’s Nothing Transient About Low Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE