コンテンツにスキップする

独オスラム、ベインとカーライルからの買収提案確認-4100億円規模

  • 監査役会は4日にも会合を開き採決を予定-関係者
  • 資金調達の面が課題となり、協議はゆっくりと進展

米投資会社ベイン・キャピタルカーライル・グループは数カ月にわたる協議の末、ドイツの照明器具メーカー、オスラム・リヒトに対し34億ユーロ(約4100億円)規模の買収提案を行った。

  オスラムは3日、1株当たり35ユーロでの買収提案を受けたことを確認。受け入れるかどうか「近く」決定すると説明した。同社の監査役会は4日に会合を開き採決を予定していると事情に詳しい関係者1人が明らかにした。カーライルとベインの担当者はコメントを控えた。

  ロイター通信が先にこの買収提案について報じると、オスラムの株価は一時13%高と上昇率は2月以来最大となった。3日のフランクフルト市場での終値は12%高の32.25ユーロ。

  オスラム買収を巡る協議は、2月に初めて表面化して以来、ゆっくりと進んできた。オスラムからの業績に関する警告が相次ぎ、買収資金の貸し手候補である銀行の間で今後の業績に関する懸念が高まり、資金調達の面が課題となっていた。オスラムは3月に利益を巡り、自動車やスマートフォンで使用される照明機器の受注鈍化を理由にわずか1年余りで6回目となる警告を行い、買収資金を融資できる条件の再考を銀行側に促す結果となったと事情に詳しい複数の関係者が語った。

原題:Osram Confirms $3.8 Billion Buyout Offer from Bain, Carlyle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE