コンテンツにスキップする

ラガルド氏右腕はレーン氏-草創期以来の強力チーフエコノミストにも

  • 元アイルランド中銀総裁のレーン氏は6月にチーフエコノミスト就任
  • 中銀キャリアのないラガルド氏、補助は「レーン氏しかいない」

クリスティーヌ・ラガルド氏が欧州中央銀行(ECB)総裁に就任した時、まず頼りにするのはチーフエコノミストのレーン理事だろう。

  米ハーバード大学で博士号を取得した元アイルランド中銀総裁のレーン氏は、世界銀行と連邦準備制度理事会(FRB)のコンサルタントだった経歴も持つ。ECBチーフエコノミストとして、ユーロ誕生当時のオトマー・イッシング氏以来の強い影響力を持つようになる可能性がある。

  それというのも、優れた指導力は誰もが認めるところであるものの、ラガルド氏にはエコノミストとしての資格や中銀でのキャリアがない。しかしユーロ圏は今、金融政策のイノベーションの限界を試すような金融緩和策を必要としている。

関連記事:ラガルド氏のECB、総裁の役割に大きな変化も

Key Speakers At The International Capital Market Association Conference

レーン理事

Photographer: Aidan Crawley/Bloomberg

  ウニクレディトのチーフエコノミスト、エリック・ニールセン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ラガルド氏を補助できるのは「金融政策における知識、経験から言って、レーン氏しかいないだろう」とし、「ECBの草創期にイッシング氏の力がとてつもなく大きかった頃と同じような状況になることは大いにあり得る」と語った。

  チーフエコノミストに就任してまだ1カ月だが、レーン氏は既に、ドラギ総裁時代の象徴である積極的な景気刺激策を支持する姿勢を示唆している。チーフエコノミストとしてレーン氏は、政策委員会での議論の土台となる政策提案を準備する。これは総裁を筆頭とする6人の理事会メンバーとの協議を経てまとめられるものではあるが、ECBスタッフによる経済予測もチーフエコノミストの管轄であり、レーン氏の役割は大きい。

ECB、必要なら一段の金融緩和可能-チーフエコノミストのレーン氏

In Their Own Words

原題:Lagarde’s Move to Top of ECB Makes Lane Her Monetary Brain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE