コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル小幅安、祝日前で商い薄い-資源国通貨は高い

更新日時

3日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が続落。主要10通貨では資源国通貨が堅調だった。トランプ米大統領は「大きな為替操作ゲーム」に興じているとして欧州と中国の両方を非難した。

  • ニューヨーク時間午後4時32分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。小幅なレンジでの動きにとどまった
  • トランプ氏は欧州と中国について、「米国と競うためシステムにマネーを送り込んでいる」とし、われわれも同じ事をやるべきだとツイート。これを受けて、一部アナリストは米国が介入に踏み切る可能性もあると考え始めている
    • 6月の米ADP民間雇用者数の統計が低調だったことを受け、米労働省が5日発表する非農業部門雇用者数も弱いのではないかとの見方が浮上
    • 米経済指標ではこれに加えて、5月の製造業受注が市場予想を下回ったほか、6月のISM非製造業景況指数は2017年6月以来の低水準となった
  • 4日に祝日を控え、薄商いの中、資源国通貨は上げが目立った。ニュージーランドの輸出が過去最大、オーストラリアの貿易黒字は過去最高、カナダの対米黒字は過去10年余りで最大となるなどポジティブな貿易関連指標を反映
  • トランプ氏は2日、クリストファー・ウォラー氏とジュディ・シェルトン氏の2人を連邦準備制度理事会(FRB)の理事に指名する意向を明らかにした。両氏は大統領が求める利下げを支持する可能性が高い

  • ドルは対ユーロで0.1%高の1ユーロ=1.1277ドル。対円ではほぼ変わらずの1ドル=107円85銭
  • 豪ドルは対米ドルで0.5%高、NZドルも対米ドルで0.5%上昇
New Zealand dollar up 3.2%, Australian dollar up 2.3% since mid-June lows

欧州時間の取引

  円が米国債とともに上昇。イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁が世界の他の主要中銀に続いてハト派的な見解を示したことから、逃避先資産が買われた。スウェーデン・クローナも高い。スウェーデン中央銀行は金融緩和を縮小させる計画を維持した。

原題:Dollar Slips as Commodity-Related Currencies Gain: Inside G-10(抜粋)

Yen Gains as Bonds Advance, Riksbank Supports Krona: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE