コンテンツにスキップする

中国が米農産物の購入を検討、交渉再開控え前向きな姿勢アピール

トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Al Drago/Bloomberg

中国は米国からの農産物の購入を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。中国は米中通商交渉の再開にあたり前向きな姿勢を見せたいと考えるが、従来よりも小規模にとどまる可能性が高いという。

  これらの関係者が報道機関に話す権限がないとして匿名を条件に述べたところによると、大豆やトウモロコシ、豚肉などが検討されている。購入規模は通商交渉の進展次第で変わるという。

China had increased U.S. soy purchases during the previous truce

  トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は、大阪で開かれたG20カ国・地域(G20)首脳会議の開催期間中に会談し、貿易戦争の休戦を宣言した。

原題:China Considers Buying U.S. Farm Products to Show Goodwill (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE