コンテンツにスキップする

幾度となく難局乗り越えた香港、投資家にパニック見られず-株価堅調

  • 2日のMSCI香港指数1.7%上昇-デモ激化後に大きく値上がり
  • 香港政府は人民解放軍に支援要請との報道に「全く根拠ない」と否定
relates to 幾度となく難局乗り越えた香港、投資家にパニック見られず-株価堅調
Photographer: Justin Chin/Bloomberg
relates to 幾度となく難局乗り越えた香港、投資家にパニック見られず-株価堅調
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

長期的視点を持つ投資家や銀行家、企業にとって、危機に直面する香港の立ち直りに賭けることが必勝の戦略となってきた。

  1990年代後半のアジア通貨危機や2003年の新型肺炎(重症急性呼吸器症候群、SARS)の感染拡大、08年の世界的な信用収縮など、地域の金融ハブとなっている香港は幾度となく嵐を乗り越える道を常に見いだしてきた。

Fresh Hong Kong Protests Signal Gridlock Facing Lam’s Government

デモ隊を排除するため現場に到着した機動隊(7月2日)

 

  英国から返還22年となった1日夜、デモ隊の一部は立法会(議会)の建物に突入し、警官隊と衝突した。それでも2日の香港株式相場は上昇。MSCI香港指数は1.7%上げた。香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対するデモ活動が3週間前に激化して以降、同指数は7.3%上昇している。

  JKキャピタル・マネジメントの最高経営責任者(CEO)として香港で約3億ドル(約320億円)の運用に携わるファブリス・ジャコブ氏(54)は2日、「前日の出来事は現実とは思えなかったが、間違ってはいけない。生活し事業を運営するのに、香港はなお極めて安全な場所だ」と述べた。フランス国籍の同氏は1998年にJKキャピタルを設立。今回のデモを理由に自身の投資戦略や会社の事業を変える計画はないとしている。

Hong Kong has a history of bouncing back from crises

  香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が最近の混乱への対応で中国人民解放軍に支援を求めたとオンラインメディアで報じられたことについて、香港政府は「全く根拠がない」と否定する声明を発表。「事実でない報道に深い遺憾の意」を表明した。

原題:Hong Kong’s $300 Billion Rally Shows It’s Not Time to Panic Yet、HK Says Report on PLA Requested to Assist in Conflicts Unfounded (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE