コンテンツにスキップする

MUFGはロンドンで管理職50人の削減目指す、希望退職募集で

  • 対象となる500人のうち1割に相当する規模、7月末まで募集
  • 米国やアジアでは同様の自主退職プログラムを実施する予定はなし
Millennials Rejoice as 1800s-Era Fintech Gets an Update in Japan
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Millennials Rejoice as 1800s-Era Fintech Gets an Update in Japan
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)がロンドンの拠点で実施している希望退職者の募集で、対象者の1割にあたる約50人の削減を目指していることが分かった。

Views of Nomura and Other Financial Institutions Ahead of Earnings Report

三菱UFJ銀行・本店

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  広報担当の長光香奈氏が3日、ブルームバーグに対して述べた。同社はロンドンのマネージング・ディレクターとディレクターの管理職約500人を対象に7月末まで希望退職者を募っている。具体的な退職者数については応募状況によって決めるとしていた。

  長光氏によると、米国やアジアでは同様の自主退職プログラムを実施する予定はないという。ロンドンでの50人の削減方針については、金融情報を手掛ける英グローバル・キャピタルが先に報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE