コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

S&P500種企業、82%が利益見通し引き下げ-ウォール街も懸念

  • 利益予想下方修正の割合は昨年7ー9月以来の大きさ
  • ウォール街のアナリストも大きく予想を引き下げている
A pedestrian holding an umbrella walks through Main Street Park in the Brooklyn borough of New York, U.S., on Tuesday, May 28, 2019. Treasuries advanced, further inverting a key slice of the yield curve, while stocks fluctuated as investors positioned for what could be a protracted trade dispute with China.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ウォール街では、企業が決算シーズンの2週間前に利益予想を下方修正しても、必ずしもニュースでない。決算発表時に低めの水準をクリアしやすくなるからだ。しかし、今はもっと懸念すべき事態が起きている可能性がある。

  決算発表を控えて過去数カ月で利益見通しを修正したS&P500種株価指数の構成企業のうち、引き下げた割合が82%を占めたことが、ブルームバーグが集計したデータで示された。

  これは昨年7ー9月(第3四半期)以来の大きさで、株価の20%近い下落に先立つ同四半期との不気味な類似性が感じられる。

Looking Concerned

Companies cut profit outlooks for 2Q at the second fastest pace since 2015

Source: Bloomberg

  ウォール街のアナリストも大きく予想を引き下げている。サンダイアル・キャピタル・リサーチによると、アナリストが6月に見通しを下方修正した銘柄は上方修正した銘柄を116上回った。これは2017年9月以来で最も多い。アナリストは四半期の最終月に予想を引き上げるのが一般的だが、今回「彼らは心配している」とサンダイアルのジェイソン・ゲッフェルト氏は指摘した。

  米国では15日のシティグループを4-6月(第2四半期)決算シーズンが本格的にスタートする。S&P500種企業は1-3月(第1四半期)に減益を回避したが、今回再び試されることになる。4-6月の利益は2.5%減少すると見込まれており、実際に減益になれば3年ぶりだ。

Earnings Trajectory

Source: Bloomberg

Note: Grey indicates estimate

原題:Grim Earnings Forecasts Are Getting Worse by the Week in S&P 500(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE