コンテンツにスキップする

ウォーレン氏、ゴットリーブ前FDA長官にファイザー取締役辞任要求

  • 退任から3カ月足らずでファイザー取締役に就任
  • 国民が政権の高官に不信感を持つのは当然とウォーレン氏

2020年米大統領選の民主党候補指名を目指す有力候補者のエリザベス・ウォーレン上院議員は、トランプ政権で米食品医薬品局(FDA)長官を務めたスコット・ゴットリーブ氏に米製薬大手ファイザーの取締役を辞任するよう求めた。

  ゴットリーブ氏は4月5日付でFDA長官を退任。それから3カ月もたたないうちにファイザーの取締役に就任した。世界最大級の医薬品メーカーの1社であるファイザーは昨年、一部製品の値上げを巡りトランプ大統領から厳しく批判されていた。

  ウォーレン議員は声明で、利益誘導のための天下りだと主張。「トランプ政権の高官が国民のために働いているのか、将来の雇用主となる企業のために働いているのか国民が疑ったり、不信感を抱いたりするのは当然だ」と指摘した。

  ゴットリーブ氏は、FDA長官在職中にはウォーレン議員と生産的な関係にあったと説明。同議員の求めに対し、「迅速かつ直接的・個人的に対応する」とブルームバーグへのメッセージとツイッター投稿で表明した。

  ファイザーはウォーレン議員の指摘についてコメントを控えた。

  ゴットリーブ氏は6月27日にファイザーの取締役に選出された。同社取締役の大半が、現金と株式を合わせて年間30万ドル(約3200万円)以上の報酬を支給されている。

原題:Warren Calls on Ex-FDA Chief Gottlieb to Quit Pfizer Board (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE