コンテンツにスキップする

フェイスブックが対策、センセーショナルな健康情報投稿の抑制で

  • WSJによると、がんに関する虚偽情報がサイト上にあふれている
  • よく使われるフレーズを特定し、下の方に表示する方針
Facebook App And Logo As Shares Plunge
Photographer: Johannes Berg/Bloomberg
Facebook App And Logo As Shares Plunge
Photographer: Johannes Berg/Bloomberg

フェイスブックは2日、医療や健康に関するセンセーショナルな投稿の抑制に向けて対策を講じると表明した。フェイスブックやユーチューブへの投稿は、がんの代替療法を巡り有害な情報となり得るコンテンツを多く含むと報じられていた。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はフェイスブックとユーチューブへの投稿を調査。同紙によると、立証済みの治療法に関する広告や動画、ページの横に虚偽情報が現れることもあった。

  この日のブログでフェイスブックは、誇張されたり扇情的な健康関連情報の投稿や健康情報に基づいて商品やサービスを売り込もうとする投稿を減らすため、ランク付けのアルゴリズムで2つの変更を先月実施したと説明。投稿でよく使われるフレーズを特定し、「ニュースフィード」の下の方に表示するといった、他の質の低いコンテンツへの対応と同様の手法を講じていくことも明らかにした。

  テクノロジー企業は健康に関する疑わしいコンテンツが自社サイト上で拡散する状況への対策を強化しており、ヘイトスピーチや政治的な誤情報の削除も積極的に進めている。

原題:Facebook Takes Steps to Curb Sensational Health Claims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE