コンテンツにスキップする

米AT&Tが地域スポーツ局売却を検討、負債圧縮で-関係者

  • 地域スポーツ局4局の売却額は10億ドル近くに達する可能性
  • フォックスの地域スポーツ局買収で合意のシンクレアも買い手候補か

AT&Tは、年内に債務を最大80億ドル(約8600億円)圧縮する計画に沿って、地域スポーツ局の売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  地域スポーツ局4局はプロスポーツのアイスホッケー「ピッツバーグ・ペンギンズ」やバスケットボール「ヒューストン・ロケッツ」、野球「シアトル・マリナーズ」などの放送権を持ち、売却額は10億ドル近くに達する可能性がある。協議は非公開だとして関係者が匿名で語った。

Sports Sells

Sports have played a role in several deals, including Disney's Fox purchase

  関係者によると、米ウォルト・ディズニーからフォックスの地域スポーツ局21局を買収することで5月に合意した米テレビ放送会社シンクレア・ブロードキャスト・グループも買い手候補となる可能性がある。AT&Tはスポーツ局売却の正式なプロセスを開始してはおらず、合意が発表される保証もないという。4局はAT&Tスポーツネット・ピッツバーグ、AT&Tスポーツネット・ロッキーマウンテン、AT&Tスポーツネット・サウスウエスト、ルート・スポーツ・ノースウエスト。

  AT&Tの担当者はコメントを控え、シンクレアはコメント要請にこれまでのところ返答していない。

原題:AT&T Said to Mull Sale of Regional Sports Networks to Slash Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE