コンテンツにスキップする

ECB次期総裁にラガルドIMF専務理事-EU首脳が指名

  • 弁護士と元仏財務相の経歴を持つラガルド氏、女性初のECB総裁へ
  • ラガルド氏指名で債券購入再開への「確信」強まる-モルガンS

欧州連合(EU)首脳は2日にブリュッセルで開いた会議で、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事を欧州中央銀行(ECB)の次期総裁に指名した。ユーロ圏に新たな刺激が必要とされる中、女性初のECB総裁となる。

  ドラギ現総裁は10月31日に8年の任期を終える。EU首脳は長時間にわたるEUトップ人事を巡る協議の末、弁護士と元仏財務相の経歴を持つラガルド氏(63)を次期総裁に選出。EUの行政執行機関、欧州委員会の次期委員長にはドイツのフォンデアライエン国防相を指名した。

  ラガルド氏は声明で、ECB次期総裁に「指名されたことを光栄に思う」と述べ、欧州議会が指名を承認するまでの間、IMF専務理事の職務遂行から一時離れる意向を示した。

  メルケル独首相は「ラガルド氏が選ばれたのは、IMFで誰もが認める指導的役割を引き受けたためだ。その役割を果たすことができる人物ならECBを率いることができると思う」と述べた。マクロン仏大統領は「ラガルド氏はECB総裁になる資質と能力がある。市場の信頼もある」とコメントした。

International Monetary Fund Managing Director Christine Lagarde Interview

ラガルド氏

  ドラギ総裁は既に、ユーロ圏19カ国経済について追加支援の必要性を示唆しており、ラガルド氏が次期総裁就任後に負う任務は、利下げや量的緩和の再開などの形での金融政策の推進となる可能性が高い。数年にわたるマイナス金利政策や2兆6000億ユーロ(約317兆円)に上る債券購入にもかかわらずインフレ率はECBが目標とする2%をやや下回る水準の半分程度にとどまる。

  ラガルド氏の指名はまた、タカ派寄りのバイトマン独連銀総裁が次期ECB総裁職を逃したことを意味することから、投資家は危機対応の経験豊富なラガルド氏が、積極的かつ革新的な金融政策を好むドラギ氏の考え方を共有すると受け止める公算が大きい。

  金融市場は既に、ECBによる9月までの利下げを織り込み済み。モルガン・スタンレーはラガルド氏の指名でECBがいずれ債券購入を再開するとの同社の「確信」が強まったとしている。

  ラガルド氏指名によって、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる米金融当局ととともに、ECBも元弁護士がトップに就くことになる。ベン・バーナンキ元FRB議長といった経済学者出身者が中銀を率いていた時代とは大きな違いだ。

  このため、ラガルド氏には金融政策策定の専門知識がないとして批判の声が上がる可能性があるほか、ECBチーフエコノミストのレーン理事の影響力が強まることも考えられる。一方、ラガルド氏は、政策決定に当たってECB当局者を結束させるのに必要な政治的手腕は豊富だ。

  他方、ラガルド氏がIMFを去ることで、欧州出身者が引き続き専務理事に就任すべきか、新興国出身者が同ポストに就くようにすべきか、各国間で駆け引きが行われることになると想定される。

relates to ECB次期総裁にラガルドIMF専務理事-EU首脳が指名

French Fire

Some highlights of Christine Lagarde’s career

原題:Lagarde to Succeed Draghi as ECB Chief as Economy Weakens (3) (抜粋)

(ラガルド氏のコメントや経歴などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE