コンテンツにスキップする
Photographer: STAN HONDA/AFP

「世界経済に恐ろしい時代」とルービニ氏、来年のリセッション予想

  • 引き金は米中貿易戦争のほか、地政学的緊張による原油高騰
  • ルービニ氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで発言
A Wall Street sign near the New York Stock Exchange is seen on July 31, 2008.  New York state governor David Paterson this week revealed the state was hemorrhaging money and faced a USD 26 billion budget deficit over the next three years. "Harsh economic times" lie ahead, he warned. At the root of the "Empire State's" coming recession and, ultimately, of the national banking and housing crisis is Wall Street. AFP PHOTO/Stan HONDA        (Photo credit should read STAN HONDA/AFP/Getty Images)
Photographer: STAN HONDA/AFP

悲観論者で知られるヌリエル・ルービニ氏は、米中貿易戦争と地政学的緊張による原油価格高騰で世界が来年リセッション(景気後退)入りする可能性が高いとみている。

  「世界経済にとって恐ろしい時代だ」と、ルービニ・マクロ・アソシエーツを率いるルービニ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

ルービニ氏が世界経済や地政学的リスク、米中貿易関係について語る

(Source: Bloomberg)

  米中は通商協議を再開し、株式市場は主要中央銀行が景気を支えるとの確信を示しているが、ルービニ氏は政策金利がすでに過去最低水準で一部がマイナス圏にある中、金融当局がショックに対応できる能力は損なわれているとみている。高水準の債務も重しになるだろうと付け加えた。

Most global central banks have less scope to cut interest rates than before

  楽観は「これまで全てのリセッションでそうだったように」崩れる公算が大きいとも述べ、必要になりそうなのは一段と非伝統的な金融政策だろうと指摘した。

原題:Roubini Lives Up to ‘Dr. Doom’ Alias With Global Recession Call (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE