コンテンツにスキップする

クレディS、ウェルスマネジメント幹部がライバル会社入りか-人材争奪

  • カーン氏はジュリアス・ベアのトップに就任とスイス紙報道
  • スイスでは優秀なプライベートバンカーの人材争奪戦が激化している

クレディ・スイス・グループのインターナショナル・ウェルスマネジメント部門責任者のイクバル・カーン氏が退社する。退社後は主要なライバルとして同行の前に立ちふさがるかもしれない。

  クレディ・スイスは1日、同部門の最高財務責任者(CFO)を務めるフィリップ・ベーレ氏が直ちにカーン氏の職務を引き継ぐと発表。カーン氏は「社外でのキャリアを引き続き追求する」と説明した。

  カーン氏(43)はクレディ・スイスの国内ライバル、ジュリアス・ベア・グループのトップに就任すると、スイス紙ターゲス・アンツァイガーが金融業界の匿名の関係者を引用して報じた。ジュリアス・ベアは同紙に対しコメントを控えた。

  クレディ・スイスと国内銀行最大手のUBSグループがウェルスマネジメントに軸足を移す中、スイスでの優秀なプライベートバンカー人材争奪戦は激化した。クレディ・スイスのインターナショナル・ウェルスマネジメント部門は同行の利益に最も大きく貢献する部門の1つであり、同部門で昇進を重ねるカーン氏はかつて、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の後継者候補とも見なされていた。

  同時に、カーン氏はジュリアス・ベアのベルンハルト・ホドラーCEOの後継者候補の1人でもあると事情に詳しい関係者が5月に述べている

原題:Credit Suisse International Wealth CEO Exits Amid Talent Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE