コンテンツにスキップする

スタンフォード大を1年弱で中退、23歳までに2人で資産930億円

  • フィンテック花形ブレックスは創業2年で数十億ドル企業の仲間入り
  • シリコンバレーでベテラン並みの経験を積んで資産膨らむ

ヘンリック・ドゥブグラス氏(23)と ペドロ・フランチェスキ氏(22)は大学の1年目の課程も修了しなかったが、既にシリコンバレーでベテラン並みの経験を積んでいる。今や資産もそれに見合う額だ。

  両氏はフィンテックを手掛けるスタートアップ企業、ブレックスの創業者であり最高幹部だ。同社の価値は最近、26億ドル(約2820億円)と評価された。ドゥブグラス氏は最初の会社であるオンラインビデオゲーム開発会社を設立した時、わずか14歳だった。その会社は特許侵害の通知を受け閉鎖、その後すぐにフランチェスキ氏と提携して支払い処理のベンチャー企業Pagar.meを立ち上げた。2016年に売却するまでに、同社は従業員150人にまで成長していた。両氏はその後、スタンフォード大学に入学したが、1年目を終了することなく中退してブレックスを設立した。

Key Speakers At The Bridge Forum

ヘンリック・ドゥブグラス氏

写真家:David Paul Morris /ブルームバーグ

  昨年、最初の製品を発売したブレックスはフィンテック業界で花形となり、創業者は最も裕福な起業家の仲間入りを果たした。テクノロジー企業の未公開株のマーケットプレイスであるエクイティーゼンによれば、両氏が保有する同社株はそれぞれ4億3000万ドル相当と見積もられる。

  両氏ののし上がり方はシリコンバレーの基準に照らしても速い。2年前に設立されたブレックスはウーバー・テクノロジーズなどに並び、評価額が最速で数十億ドル規模に達した米企業の1社となった。

原題:How Two College Dropouts Made $860 Million Fortune by Age 23 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE