コンテンツにスキップする

アップルのデザイナーが家庭用ロボ開発企業に移籍、アイブ氏の元部下

  • アップルで15年余り勤務のゾーケンドーファー氏、4月に移籍
  • 移籍先のバンブルビーはロボット工学と家具の融合目指す新興企業
Apple Inc. Unveils Next Generation iPhone And New Watch

Photographer: David Paul Morris/ Bloomberg

Apple Inc. Unveils Next Generation iPhone And New Watch

Photographer: David Paul Morris/ Bloomberg

米アップルの工業デザインチームからここ数カ月に複数人が退社したが、そのうちの1人リコ・ゾーケンドーファー氏はロボット工学と家具の融合を目指すスタートアップ企業、バンブルビー・スペーシズに移籍した。

relates to アップルのデザイナーが家庭用ロボ開発企業に移籍、アイブ氏の元部下

リコ・ゾーケンドーファー氏(サンフランシスコのオフィスで)

     

  4月に移籍したゾーケンドーファー氏は現在、サンフランシスコを拠点とするバンブルビーでデザインを統括している。共同創業者のサンカーシャン・マーシー最高経営責任者(CEO)がブルームバーグ・ニュースに明らかにした。同社はベッドやクローゼット、収納家具をロボット作動装置に接続し、天井までつり上げてアパートの空間を広げる仕組みを開発。日中は部屋をオープンなリビングルームにし、夜には天井に格納されたベッドを下ろすことができる。

  マーシーCEOによると、ゾーケンドーファー氏はバンブルビーで、家具のデザインやスマートフォンアプリのスタイルなどを主導している。同氏は15年余り勤務したアップルでは、「アップルウオッチ」など多数のデバイスに従事したほか、ジョニー・アイブ氏が率いていた工業デザイングループのメンバーとして、製品発売における幹部だった。アイブ氏は6月27日、独自にデザイン会社を創設するため約30年間務めたアップルを退社すると発表した。

原題:Apple Designer From Ive’s Team Joins Home Robotic Startup (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE