コンテンツにスキップする

財務官に武内国際局長を起用、浅川財務官は過去最長の4年で退任

  • 岡本事務次官、太田主計局長、可部理財局長はそろって留任
  • 国税庁長官には星野主税局長、矢野官房長が主税局長に

財務省は2日、財務官を過去最長の4年務めた浅川雅嗣氏が退任し、その後任として武内良樹国際局長を起用する人事を発表した。5日付。

  岡本薫明事務次官と太田充主計局長、可部哲生理財局長は留任する。藤井健志国税庁長官は退任し、後任には星野次彦主税局長が就く。主税局長に矢野康治官房長、国際局長に岡村健司国際局次長、官房長に茶谷栄治総括審議官、総括審議官には神田眞人主計局次長がそれぞれ就任する。

  武内氏は東京大学法学部を卒業後、1983年に大蔵省(現財務省)入省。主計局、主税局国際租税課長、国際局為替市場課長、国際局次長などを経て、2016年6月に国際局長。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE