コンテンツにスキップする
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

テスラの「モデル3」需要、4-6月期納車台数を押し上げか-JMP

  • 全体の納車台数は9万7000台に-アナリスト予想平均は約8万8000台
  • ウォール街はモデル3の米需要回復ペースを過小評価とオシャ氏
Tesla Inc. Supercharger stations stand illuminated at night in Rubigen, Switzerland.
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

電気自動車(EV)メーカーの米テスラが4-6月(第2四半期)の納車台数を今週発表するのを控え、ウォール街は「モデル3」の米需要回復ペースを過小評価しているとJMP証券が指摘した。

  アナリストのジョセフ・オシャ氏は顧客向けリポートで、モデル3の4-6月期の米納車台数が4万3000台と、1-3月(第1四半期)の推定台数からほぼ倍増したが、2018年下期の台数をなお下回っているとの見方を示した。JMPの推計では4-6月期の全体の納車台数は9万7000台で、「上積み部分は全てモデル3だ」と説明した。アナリストの予想平均は約8万8000台。

  オシャ氏は「ウォール街が四半期を通したモデル3の輸出を考慮していない」とも記した。一方、高級セダン市場での強みを維持するため「モデルS」の最新版が投入されると予想しながらも、同モデルと「モデルX」の米出荷は共にピークに達したと考えている。

  1日の米株式市場でテスラの株価は1.7%高で引けた。

原題:Tesla’s Model 3 Demand May Lift Quarterly Deliveries, JMP Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE