コンテンツにスキップする

フリーポート株下落、銅値下がりや4-6月減産が収益圧迫

1日の米株式市場で、鉱山会社フリーポート・マクモランが7週間ぶりの大幅安。同社は銅価格の下落とインドネシア事業での減産で、4-6月(第2四半期)の売上高と利益が押し下げられたとみている。

  4-6月の調整後EBITD(利払い・税金・減価償却前利益)は約4億3000万ドル(約470億円)の見通しで、「経常外項目を除く純損益は1株当たり約5セントの赤字を計上する」と同社は1日に発表した。ジェフリーズによる予想ではEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)が7億7400万ドル、1株利益16セントだった。

  フリーポートによれば、銅の販売価格はポンド当たり平均約2.73ドルで、アナリスト予想の2.95ドルを下回る。インドネシアのグラスベルグ鉱山で新たな鉱区が開設されたことに関連して、高品質部材の確保が難しくなり、銅と金の生産が削減された。

  フリーポートの株価は一時6.5%安と、日中ベースでは5月13日以来の大幅下落。

Freeport falls after forecasting second-quarter loss

原題:Freeport Sags as Copper Price, Output Dent Second-Quarter View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE