コンテンツにスキップする
Photographer: ANTHONY WALLACE/AFP

香港の緊張続く、デモ隊の破壊行為や強制排除から一夜明け

更新日時
  • 行政長官はデモ隊の過激な暴力と破壊行為を非難、警察の判断を擁護
  • 2日午前9時半までに金鐘の政府庁舎周辺の封鎖は解かれる
TOPSHOT - Police fire tear gas at protesters near the government headquarters in Hong Kong on July 2, 2019. - Riot police fired tear gas as they attempted to dislodge anti-government protesters in the early hours of the morning of July 2 in chaotic scenes in the heart of Hong Kong. (Photo by Anthony WALLACE / AFP) (Photo credit should read ANTHONY WALLACE/AFP/Getty Images)
Photographer: ANTHONY WALLACE/AFP

香港では2日、前日の「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める歴史的なデモによって荒らされた立法会(議会)の建物や、警官隊が使用した催涙ガスの容器が散らばる街路の後片付けが始まった。

  林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は現地時間2日午前4時(日本時間同5時)から開いた記者会見で、デモ隊の「過激な暴力と破壊行為」を非難し、「香港において法の支配が最も重要である以上、これは真剣に糾弾すべきだ」と訴えた。行政長官はまた、一部のデモ隊の議場への突入を許すことになった警察による撤収の判断を擁護した。暴力行為は2日午前1時までにほぼ収まった。

  午前9時半までに当局は香港島中心部、金鐘(アドミラルティ)地区の政府庁舎周辺の封鎖を解き、デモ隊が残した傘などのゴミをスタッフが回収した。ただ、立法会の建物は侵入したデモ隊が肖像画を引きずり下ろし、スプレーでスローガンを書きなぐったほか、ユニオンジャックが描かれた英国統治下の香港旗で議長の机を覆うなどしており、修復に時間がかかる見込み。

Hong Kong Girds for More Gridlock as China, Protesters Dig In

ガラスが割られた立法会の建物。後方に立っている警官隊

   

  林鄭長官は早朝の会見で、先月半ばに逃亡犯条例改正案の審議を延期したことに言及し、香港政府は市民の要求に応えていないという見方を否定した。しかし一部のデモ隊は同長官が改正案を廃案にして辞任するまで抗議を続けるとしている。

  中道左派の労働党の張超雄議員はデモ隊の議場突入を受け記者団に対し、「政府に対応させる方法を見つけることができない非常に残念な状況だ」と発言。警官隊撤収の判断はデモ隊の評判を落とすためのわなだとし、「これが政府の望んでいることにほかならない」と語った。

デモの様子

原題:Hong Kong on Edge After Historic Night of Tear Gas and Vandalism(抜粋)
Protesters Enter, Vandalize City Legislature: Hong Kong Update(抜粋)
Hong Kong Protesters Trash Legislature, Testing China’s Patience  (抜粋)

(2日の状況などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE