コンテンツにスキップする

欧州でもテクノロジー株上昇、米中貿易戦争休戦で1年ぶり高値

1日の欧州株式市場でテクノロジー株が上昇。2018年6月以来の高値に達した。週末に米中両国が貿易戦争休戦で合意したほか、トランプ米大統領が一部米企業の華為技術(ファーウェイ)とのビジネス再開を許可すると発言したことが手掛かり。

  米国は5月にファーウェイと多くの関連会社の米サプライヤーへのアクセスを事実上禁止し、それ以降、欧州の半導体メーカーは打撃を受けていた。

  ストックス欧州600指数の業種別指数でテクノロジー株指数は一時2.5%上昇と、日中ベースで4月24日以来の大幅高となった。半導体銘柄がけん引し、AMS、STマイクロエレクトロニクス、インフィニオン・テクノロジーズがいずれも急伸。半導体製造装置メーカーのASMLホールディングやASMインターナショナルも高い。

Chipmakers have underperformed since Huawei's blacklisting

  一方、第5世代(5G)通信網を巡りファーウェイへの措置がプラスに働いていたノキアやエリクソンは、朝方に株価が急落する場面もあった。

原題:European Tech Stocks Soar to One-Year High on U.S.-China Truce(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE