コンテンツにスキップする

「合意なき離脱」用意とジョンソン、ハント氏-強硬派の支持獲得狙う

  • EUへの清算金支払いの一部を留保する可能性にハント氏は言及
  • ジョンソン氏は議会休会にする選択肢も排除しない考えを再び示す
relates to 「合意なき離脱」用意とジョンソン、ハント氏-強硬派の支持獲得狙う

Photographer: Getty Images/Getty Images Europe

relates to 「合意なき離脱」用意とジョンソン、ハント氏-強硬派の支持獲得狙う

Photographer: Getty Images/Getty Images Europe

メイ英首相に代わる次の与党保守党党首の最有力候補であるジョンソン前外相と、党首選の決選投票を争うライバルのハント外相は週末のインタビューで、欧州連合(EU)と新たな離脱合意案をまとめるには自分が最も適任だと主張する一方、交渉が不調に終わった場合には、合意がないまま英国を離脱させる用意があるとあらためて表明した。

  ジョンソン前外相とハント外相は、保守党内の離脱強硬派と穏健派の両方の支持を得ることを目指している。同党は決選投票の最終結果を7月23日に公表する。

  ジョンソン氏は6月30日のスカイニューズとのインタビューで、「合意なき離脱」を断行するために英議会を休会にする選択肢も排除しない考えを再び示した。また、EU離脱が選択された国民投票の結果に責任を持つ必要を認識しており、「こうした混乱を脱する方向に導く」能力が自分にはあると言明した。

  ハント氏は6月30日付の英日曜紙サンデー・タイムズとのインタビューで、合意なき離脱シナリオの下では390億ポンド(約5兆3600億円)相当のEUへの清算金の支払いの一部を留保する可能性に言及した。

原題:Johnson, Hunt Stress Readiness to Leave the EU Without a Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE