コンテンツにスキップする

OPECプラス、来年3月まで減産延長の方向-サウジ以外も支持

  • 「範囲が長ければ長いほど、市場にとって確実性が増す」と事務局長
  • ナイジェリアとベネズエラ、イラク、オマーンも条件付きで支持表明

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は、減産合意を2020年1-3月(第1四半期)末まで9カ月延長する方向で合意を探っている。

  ロシアのプーチン大統領は先週末の20カ国・地域(G20)首脳会議の場で、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と減産合意の6-9カ月延長を支持することで一致したことを明らかにし、年明け以降も減産を延長する案に他の複数の加盟国もその後支持を表明した。

  OPECのバルキンド事務局長は6月30日にサウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相と会談後、「範囲が長ければ長いほど、市場にとって確実性が増す。2019年より先まで考える方が信頼感が高まるだろう」とウィーンで発言した。

  OPECは通常6カ月の生産合意を目指し、9カ月の延長は政策戦略に沿ったものではないが、ナイジェリアとベネズエラ、イラク、オマーンの代表も同案を条件付きで支持する意向を示した。ただ、ファリハ・エネルギー相が推す9カ月延長が、OPEC総会で14カ国全会一致の支持が得られるかどうかは引き続きはっきりしない。

Brent has rallied in June after sliding on demand concern, rising U.S. supply
Exceeding Pledge

原題:OPEC+ Gravitates Toward Extending Oil-Output Cuts to Early 2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE