コンテンツにスキップする

景気支援で「全てのエンジン点火」を-政治家にBISが求める

  • 「著しい」レバレッジドローン増加後の企業債務を特に懸念
  • 「金融政策はもはや主力エンジンになり得ない」-年次経済報告

各国政府は景気支援策に踏み込み、中央銀行に大半の政策手段をすでに使わせた政策の不均衡を是正すべきだと国際決済銀行(BIS)が促した。

  BISは年次経済報告で、世界的なソフトパッチ(軟調局面)を克服するため政治家に対し「全てのエンジン点火」を求め、混乱を今後招くリスクのある債務依存の成長モデルにおける一層の金利低下に頼るのではなく、構造改革の実行と財政・マクロプルーデンス措置を強化すべきだと訴えた。

relates to 景気支援で「全てのエンジン点火」を-政治家にBISが求める

  「緩和的な金融環境の継続で経済を支えることは可能でも、特に債務と金融システムへの影響を通じて正常化は一段と困難になる。正常化への狭い道が一段と狭くなりつつある」と指摘した。

  BISは資産価格のバブルを防ぐため利上げをずっと呼び掛けているが、それに向けた金融政策の余地を取り戻すのは予想より難しくなっているとしてる。欧州中央銀行(ECB)とスイス国立銀行(中銀)の政策金利は依然としてマイナス水準で過去最低にとどまっており、先進国のインフレ期待は大きく低下したままだ。

  不良債権やマイナス金利などにより銀行の収益性は低迷し、これが下振れを悪化させ得るとも分析した。特に懸念すべき分野は「著しい」レバレッジドローン増加後の企業債務だとBISは警告。成長を強化するために設計された政策を実施する取り組みが下降気味で、これを復活させることが不可欠であり、「金融政策はもはや主力エンジンになり得ない」と論じた。

原題:BIS Says It’s Time to Fire Up All Engines to Boost World Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE