コンテンツにスキップする

ファーウェイへの米製品輸出容認は「恩赦」ではない-クドロー氏

  • 貿易交渉再開は「非常に大きな合意」だとFOXニュースに語る
  • 通商合意成立の確固たる公約や日程は存在しないとも指摘
Latest Consumer Technology Products On Display At Annual CES In Las Vegas
Photographer: David Becker/Getty Images North America
Latest Consumer Technology Products On Display At Annual CES In Las Vegas
Photographer: David Becker/Getty Images North America

ホワイトハウスのクドロー米国家経済会議(NEC)委員長は6月30日、トランプ大統領が中国との貿易交渉再開合意の一環として華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を緩和し、同社への米製品売却の一部再開を認める考えを示したことについて、「恩赦」ではないとの認識を示した。

Larry Kudlow Speaks At Peterson Institute For International Economics Event

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長

  クドロー氏はFOXニュース・サンデーとのインタビューで、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が貿易交渉の再開を決めたことは「非常に大きな合意」だと発言。ただ、包括的な通商合意成立の確固たる公約や日程は存在しないとし、5月初めに交渉が暗礁に乗り上げる原因となった問題に中国はなお対処する必要があると指摘した。「これが米中協議の極めて重要なポイントだ。どれだけ時間がかかったとしても、予測不可能だ」と述べた。

  その上でクドロー氏は交渉が滞る前に言われていた、米中貿易交渉は90%は合意に至ったという文言を繰り返し、残る10%が最も難しい部分だと話した。

  一方、シューマー民主党上院院内総務は6月29日、ファーウェイへの禁輸装置を緩和すれば、米企業にとって有利な通商合意に中国が同意するようにさせる交渉材料が減ることになると批判した。

  クドロー氏は「これは恩赦ではない」とした上で、国家安全保障を巡る米議員の懸念を大統領は共有し、「上院議員ら」と会ってこの問題を議論する計画だとコメント。「ファーウェイはいわゆるエンティティー・リストに残り、厳しい輸出管理が適用される」と付け加えた。

  他の国々からも広く入手可能で、国家安全保障上の懸念を生じさせない品目を中心に、ファーウェイ向け売却の「何らかの一時的許可」を米商務省が供与することになるだろうとの見通しをクドロー氏は示した。

原題:Kudlow Says Huawei Reversal by Trump Isn’t ‘General Amnesty’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE