コンテンツにスキップする

バイトマン氏、次期ECB総裁の夢敗れる公算も-欧州委員長人選で

ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁にとって、悪いニュースとなりそうだ。ドイツのメルケル首相は欧州委員会の次期委員長ポストに、同委員会のティメルマンス第1副委員長(オランダ国籍)が候補者だとの見方を示した。かつてメルケル氏の経済アドバイザーを務めていたバイトマン氏は、欧州中央銀行(ECB)の次期総裁として現職ドラギ氏の後任に就くことを望んでいた。

  メルケル首相は20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)出席に際して発言し、次期欧州委員長の選出で残された現実的な候補者はティメルマンス氏とマンフレート・ウェーバー氏だけだと示唆した。これはECB総裁ポストにとって大きな意味を持つことになる。ECB総裁にドイツ出身者が就任したことはこれまでにない。

  ECB次期総裁については、ブリュッセルで30日夜に開催される欧州連合(EU)首脳会議では決定されないと、ドイツ高官が匿名を条件に述べた。ECB総裁人事の決定は欧州委員会など極めて政治的なポストと区別するため、9月まで先送りされるという。

  メルケル首相はこれまで、ECB総裁ポストは他のEU主要ポストを考慮して決定されると強調してきた。ECB総裁と欧州委員長のいずれかにドイツ人が就くことを、ドイツが求めているように表面的には受け止められる一方、欧州委員長職を要求せず、欧州委ナンバー2のポストをウェーバー氏に譲ったフランスが、何らかの見返りを要求する可能性は高い。

Up for Grabs

Key European positions are opening up this year

原題:Weidmann’s Dream of Top ECB Job Could Be Wrecked by Dutchman (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE