コンテンツにスキップする

日米安保条約に関するトランプ大統領の29日記者会見での発言全文

トランプ米大統領が29日、大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議閉幕後に行った記者会見での日米安全保障条約に関する質疑応答は次の通り。

  Q:ボイス・オブ・アメリカのスティーブ・ハーマンです。大阪での安倍晋三首相との会談後、日米安保条約の破棄についてまだ考えていますか。また、首相はそれについて何を語りましたか。

U.S. President Donald Trump News Conference

記者会見したトランプ大統領(6月29日、大阪)

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  トランプ大統領:「いいえ、それについては全く考えていない。不公平な合意であると私は言っているだけだ。そして、それについては彼(安倍首相)に過去6カ月間、話してきた。私が語ったのは『仮に誰かが日本を攻撃すれば、われわれは彼らに続いて戦闘に加わり、実際に全力で臨む』ということだ。われわれは四つに組んで戦い、日本のための戦闘にコミットする。誰かが米国を攻撃しても、彼ら(日本)はそうする必要がない。これは不公平だ」

  「われわれが行ったディール(取引)はこのようなものだ。全てのディールがこのようなものだ。何も気にすることがない人々か、愚かな人々がいるかのような状況に近いというわけだ。しかし、これがわれわれの結んでいるようなディールであり、典型にすぎない」

  「だが、私は彼(安倍首相)に対し、われわれとしてそれを変えなければならないと話した。なぜなら、誰もわれわれを攻撃することのないよう望むが、仮にそのようなことが起これば(その逆になる可能性の方がずっと大きいが)、誰かがわれわれを攻撃するなら、われわれが彼ら(日本)を助けるのであれば彼らはわれわれを助けるべきだからだ。そして彼(安倍首相)はそれを分かっている。それについて、彼には何の問題もないだろう」

トランプ大統領、日米安保条約は「不公平」-破棄「全く考えず」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE