コンテンツにスキップする

トランプ大統領、日米安保条約は「不公平」-破棄「全く考えず」

  • 「変更必要」との認識示す-大阪G20閉幕後の記者会見で発言
  • 「われわれが彼らを守るなら彼らもわれわれを守る必要がある」

トランプ米大統領は29日、大阪で開催された20カ国・地域(G20)首脳会議閉幕後の記者会見で、日米安全保障条約の破棄について「全く考えていない」としながらも、「不公平な条約だ」と述べ、現状を「変えなければならないと話してきた」ことを明らかにした。

  安保条約破棄を考えているかとの質問に答えた。トランプ大統領は日本が攻撃されれば米国が日本を守ることになっているのに対し、米国が攻撃されても日本には米国を守る義務がないのは「不公平」だとあらためて指摘した。その上で、「われわれが彼らを守るなら彼らもわれわれを守る必要がある」と語った。

U.S. President Donald Trump News Conference

記者会見したトランプ大統領(6月29日、大阪)

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  トランプ大統領は26日、FOXビジネス・ネットワークのインタビューでも同様の見解を表明。これに先立ちブルームバーグは25日、大統領が最近、日米安保条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしたと報じていた

日米安保条約に関するトランプ大統領の29日記者会見での発言全文

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE