コンテンツにスキップする

ゴールドマンもデジタル通貨活用検討、JPモルガンに続き

ゴールドマン・サックス・グループは決済用のデジタル通貨の創造を検討している。デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)はフランス紙レゼコーとのインタビューで、デジタル通貨に「もちろん」関心があると語った。

  ソロモンCEOによると、ゴールドマンは通貨や資産をブロックチェーン上で取引可能なデジタル契約である「トークン」に変換する「大規模な研究」を進めている。

  JPモルガン・チェースは2月に、顧客が国境をまたぐ決済に使用できるように、独自の「JPMコイン」を開発したと発表していた。フェイスブックは今月、決済用の通貨「リブラ」を来年導入する計画を明らかにしている。

  ソロモン氏はゴールドマンがフェイスブックと協議したかどうかについてコメントを控えつつ、政府が保証する既存の通貨や証券を裏付けとするステーブルコインこそ「決済システムが進むであろう方向だ」と述べた。

原題:Goldman Sachs Explores Creating a Digital Coin Like JPMorgan’s(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE