コンテンツにスキップする

トランプ大統領、「選挙に介入するな」とプーチン大統領に発言

  • 大阪での首脳会談の冒頭で記者団に促された-プーチン氏答えず
  • 米当局者は来年の米大統領選にロシアが介入する可能性高いと警告
トランプ大統領とプーチン大統領

トランプ大統領とプーチン大統領

Photographer: Brendan Smialowski / AFP via Getty Images
トランプ大統領とプーチン大統領
Photographer: Brendan Smialowski / AFP via Getty Images

トランプ大統領は大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて行うロシアのプーチン大統領との会談の冒頭で、記者団から選挙への介入について警告するかと問われ、プーチン氏に2020年の米大統領選に介入しないよう求めた。

  トランプ大統領はプーチン大統領に「お願いだから選挙に介入しないでほしい」と語った。さらに、プーチン氏の目の前で人さし指を立てて前後に振り、「選挙に介入するな」と繰り返した。プーチン氏は何も答えなかったが、両首脳とも笑みを浮かべた。

  米ロ首脳が腰を据えて話し合う機会は昨年7月のヘルシンキ以来。また、モラー氏によるロシア捜査の結論が出てから初めての会談でもある。

  米当局者はこのところ、ロシアが来年の米大統領選に再び介入する可能性が高いと警告している。

  ロシアにとって今回の会談は、米国やその同盟国が何年にもわたって展開してきたプーチン大統領を孤立させる政策にもかかわらず、同大統領を世界の傑出したリーダーの1人として認めさせる助けになる。トランプ大統領は昨年11月のG20前にプーチン大統領との会談をキャンセルしていた。

  米当局者1人が今回のG20サミット前に明らかにしたところでは、トランプ大統領はプーチン大統領との会談で両国関係を改善したい考えだ。

原題:Trump Tells Putin ‘Don’t Meddle in The Election’ at G20 Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE