コンテンツにスキップする

ゴールドマン・サックス・アセット、約10年ぶりのCLOの条件決定

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは2007年以来となるローン担保証券(CLO)の条件を決定した。

  ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズが管理し引き受ける3億5490万ドル(約380億円)相当の証券は、契約条項が通常より軽めのいわゆるコベナントライトのレバレッジドローンを最大70%組み込むことが認められている。S&Pグローバル・レーティングの事前リポートが示した。コベナントライトのローンは貸し手側への保護が手薄い。S&Pのアナリストはまた、この案件は最近のCLOと比較して平均回収率が低くなる可能性があると指摘している。

  ゴールドマン・サックス・アセットのCLOプラットフォームの名称はバッテリー・パークで、同社はこれまで金融危機以前の2007年7月に4億ドル規模のCLOを販売した。

原題:Goldman Sachs Asset Management Prices First CLO in Over a Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE