コンテンツにスキップする

ジョンソン氏:「合意なき離脱」断行で議会休会にする選択肢排除せず

  • 合意なき離脱が選択肢でないとEUに伝えるのは正気の沙汰でない
  • 百万に一つしかないとの発言堅持するかとの質問にはイエスと答えた

メイ英首相に代わる次の与党保守党党首の最有力候補であるジョンソン前外相は、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を断行するために英議会を休会にする選択肢も排除しない考えを示した。下院議員の多くは、ジョンソン氏が次の首相として合意なき離脱を強行する事態を阻止する手段を探っており、同氏の発言はこうした動きに真っ向から挑戦するものといえる。

Boris Johnson Pitches for Leadership With Pledge of Brexit on Oct. 31

ジョンソン前英外相

写真家:Chris Ratcliffe / Bloomberg

  ジョンソン氏は27日夜、合意なき離脱がもはや選択肢ではないとEUに伝えることは「正気の沙汰」ではないとの見解を示し、議会を休会にするという手段を残すべきだと訴えた。

  ジョンソン氏は自らが保守党党首選で勝利した場合、「決死の覚悟」で10月31日までに英国を確実にEUから離脱させると公約し、その期限までに議会が同意できる離脱合意案を取りまとめることができなくても、英国を離脱させると言明している。

  同氏は「議会を休会にする必要があるような状況を特に想定しているわけでもなければ、そのような手段に引き付けられているわけでもない」が、交渉のテーブルには全ての選択肢が残っていると主張。一方、合意なき離脱の可能性が「百万に一つ」しかないと述べた26日の発言を堅持するかと再び尋ねられるとイエスと答えた。

  一方、党首選でライバルとなったハント外相は27日、合意なき離脱阻止に票を投じた議員らを「残念に思う」と述べ、自分が首相としてEU離脱を実現できなければ辞任すると表明。首相になれば、合意なき離脱の選択肢を維持するよう全閣僚に働き掛ける意向を明らかにした。

Johnson and Hunt Go Head-to-Head in Race to Be Next U.K. Leader

ハント外相

写真家:Darren ステープルズ /ブルームバーグ

原題:Johnson Keeps Option to Suspend Parliament for No-Deal Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE