コンテンツにスキップする

ナイキの利益、7年ぶりに市場予想下回る-諸経費や税金増加が圧迫

  • 時間外取引で株価は一時下落、その後は急速に持ち直す
  • 売上高は4%増加し過去最高を記録-市場予想の水準を達成
Nike Inc. sneakers are displayed for sale at a Dick's Sporting Goods Inc. store in Daly City, California, U.S..

Nike Inc. sneakers are displayed for sale at a Dick's Sporting Goods Inc. store in Daly City, California, U.S..

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Nike Inc. sneakers are displayed for sale at a Dick's Sporting Goods Inc. store in Daly City, California, U.S..
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

世界最大のスポーツブランド、米ナイキの3-5月(第4四半期)利益は市場予想を下回った。市場予想に届かなかったのは2012年半ば以来、7年ぶり。

  ナイキの27日の発表によると、3-5月の1株利益は62セント。市場予想は66セントだった。同社は利益の下押し要因として諸経費や税金支払いの増加を挙げた。17年の税制改革などの影響で実効税率は20.4%と、前年同期の6.4%から上昇した。

Nike's sales growth has decelerated in recent quarters

  利益が市場予想を下回ったことを受け、ナイキ株は時間外取引で一時4.9%安の79.56ドルまで下落した。ただその後は急速に持ち直し、ニューヨーク時間午後5時(日本時間28日午前6時)時点では通常取引終値からほぼ横ばい。

  一方、売上高は4%増の102億ドル(約1兆1000億円)と市場予想の水準を達成し、過去最高を記録した。新たな成長機会を見いだす取り組みが順調に進んでいることを投資家に印象付けた。為替変動の影響を除くと、10%増収だった。

原題:Nike Misses Earnings Estimates for First Time in Seven Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE