コンテンツにスキップする
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国の自動車需要、2年連続減少へ-今年は持ち直しの兆しない

  • 2019年の乗用車販売は前年比5%減と見込む-LMC
  • EV需要は引き続き拡大-今年1-5月は42%増
A NIO Inc. ES8 electric sport utility vehicle (SUV) stands on display at the automaker's showroom in Beijing, China, on Wednesday, June 12, 2019. NIO is fighting for relevance in a country overflowing with aspiring electric-car makers, and where foreign competition from the likes of Tesla is intensifying.
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国の自動車需要が2年連続で落ち込むと調査会社LMCオートモーティブは予想している。米国との貿易摩擦の中で消費者が購入を先延ばししている。

  LMCによれば、中国の乗用車販売は2019年に前年比5%減となる見込み。昨年は年間ベースで約20年ぶりの前年割れとなっていた。

Historic Slump

China’s vehicle demand is expected to decline for second straight year

Source: LMC Automotive

  中国自動車工業協会(CAAM)も持ち直しの兆しがないとし、「マイナスの伸び」を想定。CAAMの徐海東氏は「低めの価格帯を購入する消費者の自動車購買力が落ち込んでいる」と指摘し、中国自動車市場の動向は今後2、3年内に「L」字型になるとの見通しを示した。

  ただ電気自動車(EV)需要は引き続き拡大。CAAMによると、今年1-5月は42%増の46万4000台となった。EVスタートアップ企業、威馬汽車(WMモーター)を創業した沈暉氏は「EV市場は確実に成長を続けている」と述べた。

原題:China’s Vehicle Demand Forecast to Fall for Second Straight Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE