コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数小動き、月間で下げ-大阪G20にらんで様子見

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが横ばい。トランプ大統領と中国の習近平国家主席の会談を控えた様子見商状で、狭い値動きにとどまった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%未満低下
    • 月間ベースでは1.6%低下と、2018年1月以来の大幅落ち込み
    • 4-6月(第2四半期)で見ても低下。四半期ベースで下げるのは18年1-3月(第1四半期)以来
    • ドルは主要10通貨に対して高安まちまち。対ドルではニュージーランド・ドルが最も上昇
  • この日の値動きは、月末および四半期末に伴う資金フローとポジション調整が主な背景
  • 20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)での米中首脳会談を控え、中国の劉鶴副首相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が会合した
  • ニューヨーク時間午後4時20分現在、ポンドはドルに対し0.2%高の1ポンド=1.2699ドル
    • 1.2735ドルで日中高値を付けた
    • 英国の1-3月国内総生産(GDP)確定値は前期比0.5%増で修正なし
    • ポンドは今四半期ドルに対し2.6%安と、主要10通貨で最大の下げ
  • ユーロはドルに対してほぼ変わらずの1ユーロ=1.1368ドル
    • 日中、1.1393ドルまで上げる場面があった
    • 月間、四半期ベースではユーロ高・ドル安
  • ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=107円82銭
    • 四半期ベースではドルが2.7%下げた

欧州時間の取引

  29日の米中首脳会談を控えてトレーダーが様子見を決める中、ドル指数は小幅に低下。G20首脳会議が開催されている中で慎重ムードが強く、対ドルでスイス・フランや円が上昇した。

原題:Dollar Posts Monthly Loss Amid Focus on Summit: Inside G-10(抜粋)
Dollar Drops on Rebalancing Flows, Focus on G-20: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE