コンテンツにスキップする

スイス株、7月1日からEU内で取引除外へ-条約改定交渉の頓挫で

スイスの株式は7月1日から欧州連合(EU)内で取引が除外される。スイスとEUによる政治的交渉が行き詰まったことが背景だ。

  スイス政府は27日、EU内でのスイス株の取引を阻止するとの異例の措置を発表した。この直前には欧州委員会がスイスの証券取引所について6月末以降も承認を延長する理由は一切ないと発表していた。

  スイスとEUはここ数年間、農業や移民、民間航空など広範囲にわたるさまざまな条約に替わる協定を模索してきたが、両者の意見は対立してきた。協定案はスイス内で右派、左派のいずれからも反対を浴びた。これに対してEUは2017年、交渉の進展度合いとEU当局によるスイスの証券取引所の承認とを結びつけ、スイスに圧力をかけてきた。

原題:Swiss Stocks to Be Barred From EU Trading as Talks Fail (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE